TOP 協会について 所在地・連絡先 設立・役員 主な事業 リンク

TMC手法




TMC コンセプト

図1_PDCAの概念図

 図1に示したのはPDCAの概念図です。PDCAは、生産現場における品質管理などの業務を円滑に進め、改善を促進する手法の一つです。
 PDCAは、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、様々な業務の品質やスピードを継続的に改善する考え方です。ちなみに品質検査は良品と不良品を検査によって分けることであり、品質管理は不良品の原因は何か、それらを分析して対策を施す活動です。PDCAは品質管理の概念を現しており、Check(評価)は単に合格・不合格や満足・不満足のYesかNoではなく、品質保証の活動を意味しています。

図2_PDCAの概念を応用したTMCコンセプト

 一方、図2のTMC コンセプト(Training Course Management Cycle)は、このPDCAのコンセプトを職業研修のコース運営および管理に応用したものです。
 具体的には、Plan(計画)では、組織や企業などの抱える人材育成の課題を研修ニーズと捉えて、課題解決のための育成対象者および研修目標を設定して、実現のプロセスを考えることです。プロセスとは活動の内容や時間やその時期などを指します。すなわち、研修コースの計画書を作成します。次の、Do(実施)では、計画の実施に向けた準備と指導を行い、Check(評価)では、計画や実施の結果が目標を満たしたか分析します。更に、Action(改善)では、評価の分析結果を計画、実施、評価のステップに還元します。


1 SAT技術・技能分析手法 SAT技術・技能分析手法を紹介します
2 SAT開発の背景 SAT開発の背景について述べています
3 TMC手法 TMC手法を紹介します
4 5つの指導活動 5つの指導活動を紹介します



協会について
協会について
所在地・連絡先
設立・役員
主な事業
リンク



セミナー コンサルテーション イベント CUDBAS その他の職業教育手法
セミナーについて
主催セミナー案内
主催セミナー日程
委託セミナー概要
委託セミナー案内
CUDBAS関連用品販売
プライバシーポリシー
コンサルテーション案内 CUDBAS研究大会 CUDBASについて
CUDBASとは
CUDBASの特徴
CUDBASの歴史
CUDBAS成果物
CUDBASの適用実績
CUDBASとISO
SAT手法他について
SAT手法
SAT開発の背景
TMC手法
5つの指導活動
一般財団法人 職業教育開発協会
〒297-0201 千葉県長生郡長柄町上野481-12-502
事業部 

Copyright (C) 2018 一般財団法人 職業教育開発協会 All rights reserved.