CUDBAS関連記事

キーワード解説「CUDBASの特徴と得られる成果」




クドバスでできること

専門的職業人が保有する技術・技能の評価
ウイークポイントの検索
新規事業の立ち上げ可能性についての能力面からの検証
職業人の現状把握と経営戦略への立案
教育計画の立案、教育システムの確立
継続教育マニュアルの作成
OJTマニュアルの作成
テキスト、教材の開発に活用
主任、職制教育のツールとして実施
人事考課への活用、処遇の決定
人事配置・プロジェクト担当チームの編成
問題解決手法への適用、発想法としての応用・・

従来のこの種の成果

工程順に書かれていて、この枠組みから出ない。目的が作業標準作成に偏る。
作業の無いものは書かない。表面的に見えるもの以外は書かない。隠れているものは記載されない。
文章が抽象的で仕事を具体的にする表現になっていない。
必ずしも仕事の全体像を反映していない。
教育という視点が欠落している。

仕事分析としてのクドバスの特徴

短時間でできる
手続きがシンプルで簡単である
小集団による意思決定による
第一人者であれば説得力がある
記録が残る
応用範囲が広い
仕事分析の方法として効率的である

クドバスで得られる成果

その仕事に必要な能力要件はほぼ全て書き上げられる。架空の仕事も分析できる。
重要度の順序で書かれる。必要度の高い順序で書かれる。
表現をリアルにすることで現場を再現できる。個人の能力リストである。
個人の能力評価を目的にしている。
教育プログラム作成を始めから意図している。

クドバス成果の利用の仕方

重要度(経営戦略)に対する、現状評価がすぐにできる。教育必要点の洗い出しが明解にわかる。
重要度の順に対する個人の能力の位置づけが明確になる。個人の能力開発目標が自分で設定できる。
社内の指導者の存在が検証できる。
テキストの目次に使用できる。
マニュアルの構成に使用できる。
スポット研修とボトムアップ研修の有効性を検証できる。

予想されるメリット

計画的経営、体系的教育の背景となるデータを提供する。
個人の自己目標の設定や、目標管理にリンクさせることができる。
職場を構成する人材の能力把握、教育管理ができる。
教育体系の確立と実施のための全ての資材・設備・教材のバックデータとなる。


Copyright (C) 2018 一般財団法人 職業教育開発協会 All rights reserved.