その他の職業教育手法

協会について
協会概要
CUDBAS
CUDBASについて CUDBASセミナー概要 認定CUDBASセミナー規程 開催スケジュール CUDBAS関連記事 その他の職業教育手法  SAT 技術・技能分析手法  TMC コンセプト SAT関連記事 パンフレット 文献リスト 関連リンク お問い合わせ
効果的な職業教育手法のいくつかを紹介します。

SAT 技術・技能分析手法

 ベテランや熟練者の持っている技術・技能をまるごと記述する方法がSAT 技術・技能分析手法(Skill Analysis for Training)です。学習者が学習しやすいように熟練者のものの見方、考え方、動作、カン・コツを表現します。従来はオペレータレベルの技術・技能を対象にした方法がありましたが、このレベルをはるかに超えた技術・技能レベルを分析できます。
 この手法は次の6つの内容で構成しています。


技能分析表

 この手法で分析した結果を学習者が学習しやすいように整理したものです。類似のものに「作業分解票」「作業手順書」などがありますが、技能分析表はさらにこれを発展させたものです。
技能分析表1 技能分析表2



TMC コンセプト

図1_PDCAの概念図

 図1に示したのはPDCAの概念図です。PDCAは、生産現場における品質管理などの業務を円滑に進め、改善を促進する手法の一つです。
 PDCAは、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、様々な業務の品質やスピードを継続的に改善する考え方です。ちなみに品質検査は良品と不良品を検査によって分けることであり、品質管理は不良品の原因は何か、それらを分析して対策を施す活動です。PDCAは品質管理の概念を現しており、Check(評価)は単に合格・不合格や満足・不満足のYesかNoではなく、品質保証の活動を意味しています。

図2_PDCAの概念を応用したTMCコンセプト

 一方、図2のTMC コンセプト(Training Course Management Cycle)は、このPDCAのコンセプトを職業研修のコース運営および管理に応用したものです。
 具体的には、Plan(計画)では、組織や企業などの抱える人材育成の課題を研修ニーズと捉えて、課題解決のための育成対象者および研修目標を設定して、実現のプロセスを考えることです。プロセスとは活動の内容や時間やその時期などを指します。すなわち、研修コースの計画書を作成します。次の、Do(実施)では、計画の実施に向けた準備と指導を行い、Check(評価)では、計画や実施の結果が目標を満たしたか分析します。更に、Action(改善)では、評価の分析結果を計画、実施、評価のステップに還元します。


Copyright (C) 2018 一般財団法人 職業教育開発協会 All rights reserved.